記事の詳細

毎日使用する浴室は、お手入れや掃除を怠っていると水垢やカビが発生しやすいですから、換気扇を正しく使って毎日欠かさずお手入れすることが大切なのです。

入浴が終わって一番最後に入った人が、その日の最後に浴室を簡単に掃除することが大切ですから、浴室の壁に高温のお湯を流して、石鹸などの汚れを取り除いてしまいましょう。

その日に使用した洗面器や風呂椅子も、高温のお湯で垢や汚れを洗い流したり、水垢が付きやすい蛇口や床なども全て忘れずに洗い流してしまいましょう。

立って洗う人がいる場合には、天井までお湯をかける必要がありますが、毎日2〜3分程度のお手入れを実践することにより、浴室を切れに保つことができますから、ぜひ自宅の浴室でもお手入れを行いましょう。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る