記事の詳細

エンディングノートをいきなり書けと言われても、1人で取り組む場合にはどう書いたらより自分の想いを残しておけるのか分かりません。
そこでエンディングノートを描く前に行なっておきたい事が、自分の人生を図面にしてみるという事です。

図面はどんな形式でも構いませんから、自分が書きやすい方法で、自分が生まれた時から今までの人生を細かくまとめましょう。
すると意外な発見から、「これからはこう生きていこう」という考えもまとまってきます。
これからの目標が明確になったら、後はそれに沿って湧いてくる希望をエンディングノートの指示に従って記入していくと書きやすくなっている事に気付くと思います。

またエンディングノートに取り組むと、「あの頃はどうだったっけ?」というような親子のコミュニケーションも取る事ができるでしょう。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る